東乃匠の会社概要・沿革・企業理念【食卓を豊かに。身体を健やかに。】

HOME > 会社概要

会社概要

概要

社名 株式会社東乃匠(トウノショウ)
設立 昭和45年10月
資本金 1,600万円
代表者 代表取締役 東 潤一郎
従業員数 105名
事業内容 梅干、漬物、惣菜を主とする食品メーカー
本社 〒569-0832
大阪府高槻市唐崎中1丁目8番12号
TEL.(072)677-5721 FAX.(072)677-1827
東京支店 〒101-0042
東京都千代田区神田東松下町12-2 JBSL神田ビル6F
TEL.(03)3253-7721 FAX.(03)3253-7855
九州支店 〒830-1212
福岡県三井郡大刀洗町甲条1470番3号
TEL.(0942)77-4335 FAX.(0942)77-4161
町田営業所 〒194-0035
東京都町田市忠生3丁目1番8号
TEL.(042)792-7876 FAX.(042)792-7880
札幌営業所 〒001-0909
北海道札幌市北区新琴似9条4丁目1番18号
TEL & FAX.(011)769-7234
紀州工場 〒649-1442
和歌山県日高郡日高川町大字江川字番役 2400番地
大分工場 〒870-0844
大分県大分市大字古国府上新田1128番
取引銀行 みずほ銀行茨木支店 三菱東京UFJ銀行茨木支店
グループ企業

株式会社日本生物.科学研究所

2004年10月14日
本社及び九州工場で納豆菌培養エキス、植物醗酵エキス及びその関連製品の開発及び製造において ISO9001:2000の認証を取得

2010年10月14日
ISO9001:2008認証取得

設立
昭和49年9月

資本金
6,000万円

従業員数
83名(パート含)

事業内容
自然健康素材(ナットウキナーゼ、植物発酵エキス、胡麻ミネラル、あした葉等)の原料供給、関連商品の開発・製造

本社
〒553-0003
大阪府大阪市福島区福島1丁目4番40号 JBSL梅田ビル5

東京支社
〒101-0042
東京都千代田区神田東松下町12-2 JBSL神田ビル6F

九州工場・研究室
〒873-0212
大分県国東市安岐町塩屋2022

URL
http://www.jbsl-net.com/


株式会社紀州農園

設立
平成26年6月

資本金
1,000 万円

事業内容
梅干・酒類の企画・販売

所在地
〒649-1442
和歌山県日高郡日高川町大字江川字番役2400番地

水車食品工業株式会社

設立
平成27年6月

資本金
1,000万円

事業内容
漬物(高菜漬等)、惣菜の製造

所在地
〒870-0844
大分県大分市大字古国府上新田1128番

株式会社東匠庵

設立
平成9年8月

資本金
1,000万円

事業内容
漬物(千枚漬等)、惣菜、スイーツの販売

本社
〒613-0024
京都府久世郡久御山町大字森小字3丁55番地

株式会社北季香

設立
平成18年6月

資本金
100万円

事業内容
漬物、惣菜等の販売

本社
〒001-0909
北海道札幌市北区新琴似九条4丁目1番18号

みなべ農事組合法人 

設立
平成7年9月

資本金
400万円

事業内容
梅干製造

本社
〒645-0021
和歌山県日高郡みなべ町東本庄834

由布院温泉 東匠庵

本社
〒879-5103
大分県由布市湯布院町川南1044-1

TEL
0977-28-8077

URL
http://tosyoan.com/

ページトップへ

沿革

昭和45年 10月 創業
昭和47年 6月 株式会社 大阪富士甚設立 直営小売店を出店
昭和53年 10月 横浜市に東京営業所開設
昭和56年 2月 大分市に九州営業所開設
昭和58年 10月 町田市に東京支店開設(東京営業所移転)
昭和62年 7月 本社社屋竣工
昭和63年 9月 大分市に九州支店開設(九州営業所移転)
平成2年 4月 九州支店配送センター開設
平成6年 6月 本社に配送センター開設
平成10年 10月 福岡県に九州支店移転
平成13年 8月 東京都千代田区に関東事業部開設
平成14年 9月 札幌市に札幌営業所開設
平成16年 2月 関東事業部を東京支社に変更
平成16年 4月 商号を株式会社東乃匠に変更
平成23年 6月 東京支店を町田営業所に変更
東京支社を東京支店に変更
平成26年 1月 東京支店を自社ビル(千代田区神田東松下町12番地2)へ移転

ページトップへ

企業理念

食卓を豊かに。身体を健やかに。

経営姿勢

1. 安心・安全・美味・健康を提供する商品経営を行う。
2. 世の中の変化を敏感に察知し、他に先んじる差別化戦略を展開する。
3. 消費者に知られ、消費者から求められるような企業の価値と魅力を持つ。
4. 高質経営と顧客満足に徹し、健全なる利益で社会に貢献する。

行動規範

1. 企業理念に基づく価値認識と行動をとる。
2. 伝統を重んじ、伝統を革新し続ける。
3. 社員一人一人が食のコンシェルジュとして常に提案し、新需要を創る。
4. 会社のブランド、製品のブランドを広める。